保険会社の活用

会社勤めの時には、仕事で困った時でも相談する相手が身近にいました。ですがフリーランスになると、困った時にすぐ相談できる相手が身近にいるという状況にはなかなかなりません。業務上のことであれば相談する方法も、また対応できる人と連絡をとることも出来ると思いますが、その為には事前に他の同業者や知識のある人との交流が必要になってきます。しかしこのような知識や経験のある人との交流を持つことは、意外と難しいことでもあります。出会うきっかけが少ないのが、フリーランスの同業者なのかもしれません。ですから、フリーランスになろう、と思い立った時には、このようなことも想定して人間関係を広げておくことが必要かもしれません。

ではどのようにして、同業者、または同業者になる人と関係を築くことが出来るのでしょうか。各自治体で交流会を行っている場合もありますし、また商工会議所などが交流の場を設定してくれることもあります。そして意外と盲点なのが保険会社などが行っている、交流会です。これは異業種の場合や、また同業の場合とその都度条件は違ってきますが、保険会社が加入している人を対象に参加を呼び掛けているものです。その保険会社の商品を購入している人が対象になりますが、名刺交換や情報交換をメインに行っていますので、これからフリーランスで活躍したいと考えている人はもちろん、現在フリーランスで働いていて、その業務の幅を増やしたいと考えている人には最適な交流の場所になるのではないでしょうか。キャリアが上の人とも交流を持つことで、相談もしやすくなりますし、最初のきっかけも作りやすいと思います。ただどこの保険会社も行っているわけではありませんので、外交員などに確認しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です