仕事の特徴と結婚への影響

IT業界でフリーランスの仕事は企業からの依頼を受けて仕事を行うというのが一般的な形です。請け負う仕事の種類は大別すると2種類あります。1つは成功報酬型の仕事であり、企業から依頼された成果物を納入することによってその対価として報酬がもらえるというものです。そして、もう1つは労働力の提供をするものであり、契約に定められた期間だけ企業の要求に従って依頼された仕事を行っていくことにより報酬が得られるというものとなっています。前者のように仕事を請け負うタイプの場合には仕事が単発であるため、いくつもの仕事を獲得し続けることで高額収入を期待できる反面、仕事の獲得ができなければ収入が途絶えるリスクも秘めています。しかし、後者のように一連の仕事を受託するタイプの場合には一定の期間は安定した報酬を得られるという特徴があります。こういった2つのタイプの仕事があるのがIT系のフリーランスの仕事の特徴です。

こういった特徴があることから、多かれ少なかれ結婚を考えた際にはどうやって仕事をしていくかを考えなければならない面があります。多少のリスクをとってでも多くを稼いで裕福な家庭とすることを目指すか、比較的安定した収入を得られる道を選ぶかを選択する必要があるからです。自分のやりたい方向性だけなく、結婚相手の希望も取り入れていくことが肝要であり、場合によっては転職も視野に入れて協議しなければならなくなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です